共同研究

他大学・研究機関の研究グループとだけでなく、企業とさまざまな共同研究を行ってきました。

企業共同研究について

電子顕微鏡観察をベースとした基礎研究を実用化と「繋ぐ」ための研究を進展させていくことがきわめて重要な時期にきています。また、企業の皆様との共同研究は、社会貢献だけでなく、研究室に所属する学生の研究活動へも大いに良い刺激となります。

これまでの共同研究テーマ例

  • 電子顕微鏡内でマニピュレータを用いた

    • 加工手法の開発
    • ナノメートルレベルの部品製作
    • ナノ物質1個レベルもしくはナノメートルレベルの局所領域の機械特性・電気特性計測
  • ナノカーボン物質(カーボンナノチューブ、カーボンナノコイル)について

    • 形状特性の解明と制御
    • ナノ物質1個レベルの構造解析と合成パラメータ制御双方の視点からの、歩留まりの良い合成法の開発

ご興味がありましたら、直接もしくは本学の産学連携本部(http://www.uic.osaka-u.ac.jp/rules/index.html)を通じてご相談下さい。


参考(リンク先をご参照ください)


一般に、大学の研究は基礎的、会社の研究は応用的と思われている。しかし、大学の研究がすべて基礎的ならその各々から大枝小枝が出て発展するはずだが、そうした例は極めて少ない。つまり、大部分は基礎的ではなく末梢的なのである。
~~
末梢研究は基礎研究には及ばないが、そのすべてが役に立たないわけではない。適当な剪定をすれば、花が咲いたり実がなったりするのは末梢である。現在の日本の工業の繁栄が大量の応用末梢研究に負うていることは間違いないだろう。
~~
日本人の多くは、学理を応用して技術を開発するものだと思っている。しかし、歴史上の大発明にはその逆が少なくない。

~~
今日でも、一見泥臭い応用のなかから美しい学理が生まれる例は少なくない。

上田良二「応用基礎研究のすすめ」より